MENU

薬物乱用頭痛の危険性

薬物乱用頭痛とは?

 

日本人は頭痛を持っている割合が、比較的多いと言われています。薬局などでは市販されている頭痛薬が多数あり、頭が痛いくらいでは病院に行かず、市販の頭痛薬を飲み続けてしまう方が増えています。

 

マクサルト,通販,即日,市販,効果,副作用

 

頭が痛いから、頭痛薬を飲むといった行為を毎日のように頻繁に繰り返していると、頭痛をこじらせてしまい、さらに悪化させてしまう場合があります。

 

1ヶ月間にみなさんは、どの位の頭痛薬を服用しますか?1ヶ月間の間に10日間以上頭痛薬を飲んでいる方は、お薬の使いすぎが原因による頭痛(薬物乱用頭痛)の可能性があります。

 

もともとは、緊張型頭痛や片頭痛を持っている方が、頻繁に頭痛が起こるからといって、その都度薬を服用することで、かえって悪化してしまい、お薬の使いすぎが原因による頭痛(薬物乱用頭痛)になってしっまうケースが多々有ります。

 

下記の症状が当てはまる方は、注意が必用です。
お薬の使いすぎが原因による頭痛(薬物乱用頭痛)の可能性があります。

 

・1ヶ月間に15日間以上、頭痛が起こる方
・1ヶ月間の間に10日間以上頭痛薬を飲んでいる方
・寝起きに頭痛が多い方(二日酔いの頭痛は除く)
・最近、頭が痛い時に何時も飲んでいる頭痛薬が効かなくなってきた方
・頭が痛い時に薬を飲み、最近頭痛が酷くなってきている方
・頭痛の痛みの度合いに変化があったり、痛む場所が変化している。

 

マクサルト,通販,即日,市販,効果,副作用

 

薬物乱用頭痛が起こるケースをご紹介します。頭痛はとてもきついものです。特に重度になると、気持ち悪くなり嘔吐をするくらい頭が痛くなる時があります。

 

また、そういった経験をすると、頭が痛くなる事に対して、不安な気持ちが強くなり、予防的意味合いから、薬の服用する回数や量が自然に増えていってしまいます。

 

そうなってしまうと、脳自体が痛みに対して敏感になってしまうことで、通常よりも更に頭痛が起こる回数が増加してしまい、さらには普段飲んでいる薬の効果が効きにくくなってしまうという悪循環にはまりこんでしまうのです。

 

そうなると、下記のような状態をループしてしまいます。

 

頭が痛い→薬を飲む→効果が効きにくくなる→頭が痛い回数が増える→くすりの飲む量や回数が増える→以下繰り返し

 

 

薬物乱用頭痛の治療方法

薬物乱用頭痛になってしまった場合の治療方法ですが、原因となっている薬物(普段飲んでいる頭痛薬)を、2ヶ月間服用することを禁止します。

 

お薬を飲むのをやめる事で、大きな反動が来る事があります。何時も以上に激しい頭痛や、吐き気を催し気持ち悪くなったり嘔吐してしまうこともありますが、原因となった薬剤は服用しません。吐き気や嘔吐を防ぐ意味でも、予防薬や別の頭痛治療を行います。

 

こういった時期が、1週間から2週間程度続きますが、薬物乱用頭痛の場合は原因が取り除かれることで、次第に回復していきます。

 

頭痛の回数が減り、最初の頭痛の症状まで改善すれば、そこからは改めて最初の頭痛を治療していきます。

 

マクサルト,通販,即日,市販,効果,副作用

 

薬物乱用頭痛の治療まとめ

・原因となっている薬物使用をやめる。
・原因となっている薬物をやめた後にくる、頭痛への対処。
・頭痛予防を行う。

 

 

薬物乱用頭痛の治療後の注意点

一度、薬物乱用頭痛なってしまった場合、原因となる薬物の量や回数が増えると再発しやすくなってしまいます。
治療後は下記の点に注意する必用があります。
・服用回数、服用量は必ず守る。
・1ヶ月に10日以上頭痛薬を服用しない。
・予防薬としてすぐに市販の頭痛鎮痛剤を服用しない。
・なるべく、主成分が一つの頭痛薬を選ぶ。
・頭痛ダイアリーをつける習慣を身に着けましょう。

 

↓マクサルトを安全に安く通販できるサイト↓

マクサルト,通販,即日,市販,効果,副作用

 

マクサルトTOPへ

このページの先頭へ