MENU

頭痛の予防療法と治療方法

予防療法で使用される薬剤

・β遮断薬(プロプラノロール等)※マクサルトと併用禁止薬。
○頻拍性不整脈等の合併症の方
○高血圧の方
○冠動脈疾患の方
×心不全の方
×喘息の方
×抑うつ状態の方
×マクサルトと併用

 

マクサルト,通販,即日,市販,効果,副作用

 

カルシウム拮抗薬(ロメリジン、ワソランなど)

血圧を下げる降圧薬として広く使われているお薬です。カルシウム拮抗薬を使用する事で、偏頭痛の発作頻度を下げ、症状の軽減をします。

 

・アンギオテンシン変換酵素(ACE)阻害薬
・アンギオテンシンII受容体遮断薬(ARB)

 

・抗てんかん薬(バルプロ酸ナトリウム、トピラマートなど)
抗てんかん薬を服用する事で、片頭痛の発作を和らげてくれます。

 

・抗うつ剤(アミトリプチリン)
片頭痛に関連の深いセロトニンの代謝を高める効果がある抗うつ剤は偏頭痛に有効で、そのなかでも緊張型頭痛と併発している方には効果が高いです。

 

↓マクサルトを安全に安く通販できるサイト↓

マクサルト,通販,即日,市販,効果,副作用

 

マクサルトTOPへ

このページの先頭へ